9abc5b9dac1c64c41ed1d86f4209ce06_s

漢方の臭いが苦手な人にオススメの滋養強壮力の補い方

漢方といったらみなさんがイメージするのはやはり「臭い」でしょう。
薬よりも強い香りを放つ漢方は本能的に苦手な方が多いのです。
正直私も漢方の臭いは独特だなと感じます。しかし、私は変な臭いが好きなので特に問題はありません。(笑)
今回は漢方の臭いが苦手な人にオススメの滋養強壮力の補い方をご説明します。

1.漢方の臭いの理由

bc11900ab49193025630a75de75ad8e7_s

漢方の臭いというのには作り方に秘密があるのです。
もちろん一般な医薬品に比べると漢方や生薬独特の風味があります。
そしてまずいと感じる人もいますよね。
ただ、一般的な漢方薬の苦さは生薬を直接煮詰めているため、かなりきつい風味になります。
その製法は「煎じ薬」といいます。
ですがそれは今までのお話し。
実は現在の医療用医薬品や一般的な医薬品の主流である錠剤を初めて飲んだ人は
「あれ?思ったよりも苦みがない」「臭くない!」という感想が多くみられるそうです。

2.滋養強壮力とは

「滋養強壮力」とは聞いたことありますか?
まず、「慈愛(じあい)」という言葉は耳にしたことがあるかと思います。
その意味とは「愛をしみ込ませること」。
同じ様に「滋養」とは、「体に栄養分をしみ込ませる」ことを意味します。
「強壮」というのははという意味です。
つまり、滋養強壮とは、身体の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることをいいます。

3.漢方ではなくても滋養強壮力というのは補える

その秘密の正体は生活習慣から変えることです。
生活スタイルで以下の4つを守るだけでも滋養強壮力というのは高まります。

■睡眠をたっぷりとる

c950de1b1de20c468e9bed21a6703c0a_s

睡眠というのは寝ている間に血液を身体全体に栄養素を送り込んだりしてくれる働きがあります。
また、一日使った脳を休めるには大事な睡眠時間です。

ノンレム睡眠という約6時間~7.5時間を確保すると
脳はゆっくりと休まります。

■食事は腹七、八分目に

食べ過ぎは禁物です。脳が「もう少し食べたい」と思うくらいに抑え、体を軽くしておきましょう。
そうすると食後は眠くなることなく仕事に集中できるのです。
もちろん3食規則正しく摂り、間食や夜食は控えましょう。

■アルコールは適量を守る

ab0e0152c2e018105b6c33116c9fa9e2_s

飲み過ぎは、血液の循環を悪くさせてしまいますし栄養面でも偏るので要注意です。

■冬場はかぜに注意する

のどが乾燥しないよう注意し、薄着をしない。

かぜをひいたら熱いおかゆやしょうがとねぎのスープなどを飲んで発汗を助けます。
もちろん部屋の乾燥をできるだけ防ぎましょう。

漢方を飲まなくても滋養強壮力というのは高めることができます。
これから先体調を崩しやすい季節ですのでぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です