b7d0016a53482189f1beb93121f8e24e_s

勃起不全に効く、漢方薬にも使われる食べ物。普段はこれを食べとけ

世の中にいる男性の中にもデリケートな問題を抱えている「勃起不全」。
「あまり相談もできないし、医者にいくのもな…。」と抵抗のある問題ですよね?
こんかいは勃起不全に効く、漢方薬にも使われる食べ物をご紹介します。

1.ニンニク

012c3ba951ba27b7681410cf12bf0176_s

ニンニクといえば例えばお肉料理に使う際などに臭みを消すような働きがあったり、
逆にニンニクの風味をだしてあげたりといろんな料理で使われますね。
和食や洋食、イタリアン、中華など世界に流通する食材です。
そんなニンニクがなぜ勃起不全にいいといわれているのでしょうか?
実はニンニクにはストレスなどから疲労を回復し精力がつくビタミンB1が含まれております。
しかし、勃起不全と精力がつくのは正直別物です。
ですが私がニンニクを勧める理由はほかにもあるのでご説明していきますね。
ニンニクにはアリチアミンやアホエンなどの栄養素が含まれていることで
代謝を高め血液をサラサラにしてくれます。
そもそも勃起するメカニズムというのは簡単に言うと男性器に血液が集まって勃起をするということになるのです。
よって、血液をサラサラにしてくれるニンニクは漢方にも使われていて非常に効果的と言われています。

2.牡蠣

61849f479b0d6880b0f718db6b1d6a65_s

実は漢方に使われていることの多い牡蠣。
勃起不全の男性は心理的にセックスをするときに「勃たないのではないのか」という不安にかられます。
しかし牡蠣には亜鉛という栄養分を多く含ンでいます。
その亜鉛というのは精子を増量する役割があるのです。
勃起不全というのは放っておくとどんどん精子の量が減っていきます。
そのためにも亜鉛というのは大事な成分。
特に亜鉛は前立腺や睾丸へと集中して存在しているのです。
そんな亜鉛を含んだ牡蠣を食べれば大丈夫!不安も消し飛びます!

漢方には中々手が出しにくい…と思う方いるかと思いますが、
そんな方でも食材で栄養を補うことができるんですよ!
ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です